Newスーパーマリオブラザーズ 改造講座3 ~そのままでは使えない敵の設置~

第1回で書いたことをすっかり忘れていましたw
と、いうわけで、赤い表示のスプライトを使おう!と言う訳です。
今回は画像による説明が多いです。決して書くのが面倒臭いとかそんな意図はありませんよ?(汗

今回は例として、1-1にビリキューを配置します。
前回改造したファイルを開き、World1-1→Area1を開いてください。
Create Spriteをクリックします(下図)。
画像


次に、Sprite Typeに109と半角で打ち込むか、横のスクロールバーで、109:Electric Ball と書かれているものを選択します。
画像


図のように、赤く表示されていて使用できませんね。実際に保存してプレイしても、
画像


何も表示されません。
ここからがポイントです!

まず、上部のバーのLevel Configuration というボタンをクリックします。
画像


次に、Sprite Sets タブの、4: 項目の中の、
"3: Beetles and Amp (52,109,219)"
という項目を選択し、OKをクリックします。
画像


この図はちょっと分かりにくいので、説明します。
まず、赤丸、赤線の4-3,4:3表示は対応する数字と思ってもらって構いません。4-3とは、 Sprite Setsの4行目の項目の3つ目を選択すると使用可能という意味です。
水色の線は、対応するスプライト番号です。Sprite Setsでの()内の番号は、使用できるスプライト番号を意味しています。
なんかもうgdgdになってしまった・・・。

こうすると、スプライトの表示が青色になって使用可能になりました。
画像


これで保存し、プレイすると・・・
画像


ちゃんと表示され、効果も出ました。
効果音は鳴りませんが、それは次回にします。

以下追記
上記の画面は5.1の場合です。
5.2 日本語版の場合は以下のような画面になります。
画像


以下余談~~~
いや、正直なところ5.2になってすごく使いやすいです。入力項目をいちいちバイナリ単位で探らなくてよくなったり、スプライトの配置場所が分からなくなる心配もなくなって、かなり進化したと思います。

2012/12/01 追記
本文中、「4-3とは、 Sprite Setsの4行目の項目の3つ目を選択すると使用可能という意味です。」とありますが、実際のウィンドウを見ると分かるように、行数と番号は一致していません。この場合、
「4-3とは、Sprite Setsウィンドウにて、4:と記載されているリストボックスの3つ目を選択という意味です。」が適切に思います。

→Next
←Prev
TOP

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

キノコ@マリオ
2016年11月21日 19:28
効果音が出るようにするにはどうすればいいでしょうか?
2016年11月23日 00:21
現在はこのシリーズの記事に関しては更新停止状態ですので、現在記載されている項目以上のことは回答できかねますが、効果音の問題についは第4回の記事冒頭に対処法があります。ご確認ください。

この記事へのトラックバック