ぼく管2改造講座その4 ~滑走路閉鎖データ編集編~

なんだかんだ引きずってもう第4回です。
無駄に記事だけ多くなって後から見返して直すのも面倒です。
過去の自分に対する愚痴は置いといて、まずは前回の問題の解答から。
解答:7時45分 方位340から 17ノット 気圧(QNH)2997




それで、今回は滑走路の使用可/不可の設定です。
ちなみに、今回の改造は、次のシリーズでは使うことができません。ご注意ください。
・東京BIGWING A/B/C
・小松基地航空祭
・かごしま離島管制(旧)(YS-11の方。リニューアルは対応)
・成田昼/夜(滑走路使用確認灯はありますが非対応)
・名古屋(滑走路使用確認灯はありますが非対応)

理由:滑走路の使用可・不可を示すものが無いか、あっても非対応(↓画像がそれ)
画像

赤い矢印で示してあるもので滑走路の使用可・不可が確認できます。(ここでは東京D)



それでは、早速改造のほうに取り掛かります。

以前の画像で(第3回)、最後に示した画像を、別編集したものです。範囲選択されているのが、滑走路使用可・不可の設定をするところです。
画像


では、早速説明していきましょう。
最初の、09 00 00 00は、滑走路使用可・不可を設定するための開始用の値(ヘッダ)です。ここの値は絶対に変更しないでください。前回説明したような現象が起こってしまいます。
次の、00 00 00 00は、滑走路使用可・不可を設定する時刻を設定します。第2回で説明したように、入れ替えてから10進に直してください。ここでは、開始時刻は00:00です。
その次から8byteの、30 30 30 30 30 30 30 30は、滑走路の使用可・不可を選択します。
30(文字列で ”0”):使用可
31(文字列で ”1”)・使用不可
ただし、前回設定した風の設定が優先されるため、ここで使用可にしていても風向きによっては使用不可になることがあります。
ちなみに、この設定では、「使用できるが注意が必要」である黄色表示は設定できません。
また、それ以降のデータはどうも変更しても反映される気配がないので未使用な可能性が高いです。




2016/11/23:記事内の表現等を修正

Next→
←Prev
TOP

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック