ぼく管2改造講座その1 ~準備編~

今回は、ぼく管2のシナリオファイルをいじっていきましょう。
慣れれば、自分でシナリオを作ることもできます。
では早速・・・といいたいところですが、まずは注意。

シナリオ編集時は必ずバックアップをとってから実行してください。元のシナリオファイルに上書きしてしまうと復旧できなくなります。
今回は、準備までなので問題は無いと思われますが、次回以降の改造時は事前にバックアップを取っておいて下さい。
もし、この改造をしてゲームが動かない、あるいは致命的な障害が発生したとしても当方は一切責任を負いかねますのでご注意ください。あくまで自己責任でお願いします。
また、製品インストール時にあるファイル、他の人が自作したファイルを許可無く改造・配布することは、著作権によって制限されている可能性があります。


では、早速やりましょう。
まずは必要なものを揃えます。
ぼく管2(当たり前。基本どの空港でも良いですが後期に発売されたシリーズ程データの種類が多くなります)
バイナリエディタ(なんでもいいですが以降の解説にはStirlingを利用します。Vectorなどでバイナリエディタ と検索すれば出てきます。)
根気(失敗はつきものです。)
やる気(以下同文です。)

さあ、今回はバイナリエディタの準備と使用方法からやっていきましょう。
まずはStirlingをダウンロードし、解凍しておきます。
適当なフォルダにコピーして、起動します。
これが起動画面です。
画像


この画面で、設定→環境設定と選びます。
画像

デフォルトフォルダを次のように指定します。(インストール先フォルダを変えた人はその通りに変更してください。)
画像

あとは各自自由に設定変更してください。
これで第1回は終了です。次はいよいよ改造に踏み込んでいきます。

Next→
TOP

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック